イメージ画像

赤川次郎氏の探偵小説

私が小さい頃、よく読んでいたのは推理小説・探偵小説で、電車トリックの西村京太郎氏の他、人気作家の赤川次郎氏の本もよく読んでいました。

私が思う赤川次郎氏の小説の特徴は、何と言っても「わかりやすい」ということです。
文章もストーリーもわかりやすいので、比較的低年齢層でもさくさく読めてしまうという印象があります。
もしかしたら赤川氏自身が意識して小難しい表現や雑学的な要素を使用しなかったのかもしれません。

ところで赤川氏の小説で有名なのは「三毛猫ホームズ」シリーズでしょう。(探偵ミルキィホームズではありません、念のため。)
ホームズという名前から連想するのは探偵シャーロック・ホームズですが、三毛猫ホームズはもちろん猫です。
探偵のような働きをする猫「ホームズ」が主人公の片山刑事やその妹の晴美とともに事件を解決するのが主なストーリーになります。

赤川氏の小説には、主人公が名探偵となる王道の推理小説が多いです。
実際「三毛猫ホームズ」の他にも「三姉妹探偵団」シリーズや「華麗なる探偵たち」シリーズなど、 題名に「探偵」が使用されているものも多く見られます。
ちなみに「華麗なる探偵たち」には自らが名探偵シャーロック・ホームズであると思いこんでいる人物が出てきます。

一方で、いわゆる浮気調査や素行調査を業としている探偵は、赤川次郎氏の小説には登場してきません。(のはずです。)

考えてみれば、主人公が名探偵よろしく活躍するストーリーに、 浮気調査や素行調査を行う実際の探偵が登場してしまっては都合が悪いですよね。
つまり、赤川次郎氏の作品では、西村京太郎氏の作品と違って現実の探偵は必要ないのです。(赤川次郎氏だけではありませんが)
仮に登場してしまったとしたら、主人公も探偵さんもお互い気まずくなってしまうような気がします。

また、少々お恥ずかしい話ですが、赤川次郎氏の本はかなり多く読んだ(家族が購入していたため)はずなのに、 かの有名な映画「セーラー服と機関銃」の原作者であることを知りませんでした。
(「セーラー服と機関銃」は主演の薬師丸ひろ子さんが謳う主題歌も有名ですね。)
探偵の登場する「推理小説作家」というイメージが私の中で強すぎたせいかもしれません。

ちなみに、同じく赤川さん原作・薬師丸ひろ子さん主演の映画「探偵物語」では、ヒロインの相手役として松田優作さんが探偵役として登場しています。
ボディガード役の私立探偵ということで、いわゆる映画やドラマに違和感のない探偵ですね。

そういえばワープロやパソコンが普及した現在まで赤川氏は手書きで原稿を書き続けているのだそうですが、 実は冒頭に挙げている西村京太郎氏も同じ原稿手書き派なんだそうです。

このページの先頭へ