イメージ画像

借金の相手が転居

借金が原因で転居する人物は多く「返済できるだけの収入が見込めず」住所を変更する。

お金を貸した側からすると大変迷惑な状況に他ならない。このようなケースは貸した金額によって「相手の現在の居住場所を調べるか?」判断に迷う場面でもある。

例えるならば「友人に数万円を貸したまま転居」のような状況で相手の居住先を調べても「調べる為に必要な費用」と天秤に掛けると割に合わないと言えるのである。

個人単位のお金の貸し借りであっても「長年にわたり多くの回数借金」となれば話は別である。

借用書が存在し法的にも返済可能な範囲であったならば「借金の相手を調査」する意味は充分にあると言える。

意図的に借金の返済から逃れる事を目的とした転居は通常の調査では判明しない場合が殆どである。相手の交遊関係を詳細にし「転居している可能性が高い場所」を想定しながら調査を繰り返し実施する事が必要となってゆく。

法人で債務の回収に必要な情報として調査を依頼される方は現代においては日常茶飯事である。

下請け企業に貸付をしていたが経営難から夜逃げ状態などが理解しやすい例であろう。

探偵や興信所・調査会社といった窓口がこのような状況を打開に一役かっているのである。

タチの悪い債務者は「余力を残し持ち逃げ」が殆どであり、長年信用してきた関係を蔑ろにすることを平然と行うのである。義理人情に厚い人物はこのようなカタチを望まないだろう。

しかし、「自分がかわいい」や「家族に迷惑が及ぶ」などの複数の事情により「持ち逃げ」や「夜逃げ」は実際に発生してしまうのである。

借金の相手が趣味に熱心な人物であった場合には想定される「立ち回り先を調べ上げる調査」等も有効な調査手法である。長年育った地元を基本に調べ上げる手法なども有意義である。

様々なケースに対応した探偵や興信所の調査は存在し「相手を特定する情報量」の多さでも判明率は異なるものである。

このような調査を探偵や興信所に依頼した場合には「調査の手法に伴う費用見積」が重要となる。

成功報酬という契約で「相手の居住先が判明」した場合に「50万円」などが調査に費やす金額の上限が認識しやすく探偵に依頼する側からすると安心して調査を依頼できると言える。

もし、過去にお金を貸したまま行方が不明になった人物が存在するならば「一度、探偵に情報を持ち寄り相談」されることが望ましいだろう。

現代の探偵の多くは「相談が無料」であり、秘密厳守で内容を口外することが無い。

相談先としてはベストなことは言うまでもなく弁護士などに相談料を支払う前に一度訪れる事が選択として正しいと考える。

このページの先頭へ