イメージ画像

探偵が援護する恋愛

想いが伝わる相手と伝わらない相手の2種類が世間には存在している。

鈍感な人物にアプローチを試みても無駄に終わる事を経験した方ならば理解していただけることだろう。

逆な存在もまたあり「全てを知った上で知らないふりをする」人物である。このタイプは非常に厄介であり「自身の心情を素直に行動などで表面化」する事がない。

容姿端麗で学歴・家柄も申し分ない人物によく見るタイプであり世間的には「パーフェクト男子」との評価がくだるところだろう。

学校やバイト先・職場にこのようなタイプの異性が存在したならば「多くの方はときめき」を感じ、毎日の学校や会社での時間が楽しみな時間に変化することだろう。

パーフェクトな異性を「ご自分の恋愛相手としたい」と考えた場合にはその他大勢との競争率が高く成ることは必至である。

当然ながら相手に「ご自分を印象つけるアプローチ」や「偶然のアプローチ」などが必要となってくる。このような場面で神様は役に立たない存在である。

あなたが知る「相手の情報」以外を届けてくれる存在は神様ではない。恋愛問題に関して多くの調査を実施した経験がある探偵ならば「恋愛に神様は存在しない」と答えるのである。

探偵は時として「キューピットの役割」を果たす存在である。

簡単にご説明すると「恋愛したい相手に関わる情報を調査し、あなたがアプローチするべき方向性や手法に役立つ情報源」と成り得るのである。

相手に好まれないアプローチは無意味である。

恋愛したい相手の好みを如何に知り情報として得るか?に「恋愛成功の秘訣」は存在しているのである。

当然ながら情報を運んでくれる「探偵は恋愛のキューピット」的な役割を果たせるのである。そんな恋愛は卑怯!と叫ぶ方も存在することだろう。

神様頼みを願う方や運命の出会いを否定はしないが「現実的ではない手法」で「大人の恋愛は成立しにくい」が多くの経験を持つ探偵の持論であり、

将来的なご自分の結婚にも関わる可能性が否定できない恋愛相手には投資する価値が多分にあると考えられるのである。

著者である私は「長年ひとりの異性を想い続けた人生を送ってきた」存在である。

未だに独身であり「いつかきっと」と考え人生の限られた時間を送ってきた。

もし、その異性に私の想いが届く日がくれば「運命も信じる価値」があるだろう。

私が想う女性と初めて知り合ってから34年が経とうとしているが「神様は願いを叶える」そぶりも見せない様子である。

このページの先頭へ