イメージ画像

探偵を利用する前に

探偵との依頼に関わるやり取りの中で一番注意しなければならないことは「調査方法に必要な料金を把握する」ことである。

素行調査を実施した場合には何時間でいくらなのか?はたまたパック料金で低額一日いくらなのか?前金制で料金を支払う悪意トラブルの多い形態なのか?などが重要な把握事項である。

この認識が甘く探偵に調査を依頼して「結果的に高額な調査」となってトラブルを招くのである。

探偵の料金説明が無かったならば「法律違反であり契約事態が成立」していない可能性が否定できないが「事前に料金形態の提示」に従って調査を実施したならば「依頼した側にも責任が生じる」のである。

調査結果に納得するか?以前に「調査を実施する事に必要な料金」である認識をもって探偵や興信所とは向き合う事が望ましいと著者は考えている。

探偵が実施する調査の多くは「数万円の費用では実施できない」が常識であり1日2日の調査で「御依頼者が望む結果が得られなくとも調査を実施した料金」は発生し請求される事が「常識」と認識していただきたいのである。

時間料金で実施された調査を計算した場合には「長時間ならば相応の金額が必要」なのである。

このような事から考慮すると「御依頼者が依頼する際に結果が出ない事も想定」しなければ必ず探偵とのトラブルに発展することが予想できることが理解していただけ「依頼をする探偵が熱心に調査」するか?が最も重要な基準になり、担当相談員や営業の人間が常識のない人物であった場合には「即、契約を打ち切り他の探偵を捜し直す」ことが望ましいのである。

正直なところ「依頼する立場」からすると高額な調査費用を費やしても結果が得られない状況は満足の行くことでは無い。

しかし、モノを買う行為とは基本的に行っている種類が違う行為であり「調査結果の価値」は受け取る側で大きく異なるモノなのである。

例えるならば「何の変哲もない日常生活が調査結果」であっても依頼者が求めているモノが「幸せな日常を送っているか?知りたい」であったならば充分な調査結果となり得るのである。

調査に費やす費用が「欲している結果に繋がる」と言えないが探偵や興信所の調査で「求める結果が出やすいか?」

考慮した上で契約時に料金を充分に納得する事が如何に重要か理解していただけることと思う。

間違っても「前金で数百万円入金して下さい」などの探偵・興信所などとの契約は回避する事が望ましいのである。

このページの先頭へ