イメージ画像

良い探偵と悪い探偵の見極め方

探偵と調査契約を結ぶ前に必ず理解していなければならない事は何か?

単刀直入に申し上げれば「これから依頼しようと考えている探偵が確かな経験と調査力があるか?」を契約前に判断しなければならない。

それらの判断を探偵との相談時に見極められなければ「調査が無意味な結果」に終わってしまう可能性が高いのである。

多くの相談者は「探偵に複数回依頼した経験」など無い方ばかりである。当然、良い探偵はどのような仕事ぶりであるか知る人は少ないだろう。

このお話しはそんな方にぜひ読んで頂き「探偵の見極め方」として参考にして頂ければ今後の探偵業界の健全化に繋がると考え、自身が長く探偵業に従事した経験を基に書かせて頂いている。

良い探偵はどのような仕事ぶりでご相談者やご依頼者と接するか?

まず注目しなければならないポイントは「探偵との相談時に相談内容を詳細に聞く姿勢があるか?」である。

悪質な探偵にとっては詳細に悩みや置かれた立場など長時間詳細に聞くことなどどうでもよい事であり「調査契約を結んでしまえば良い」とだけ考え「案件の本質や詳細を聞き、本当に結果を出す調査を提案する姿勢が無い」ことが共通している。

良い探偵であれば「詳細にご相談者の置かれた立場や問題の本質を踏まえた」上で有意義で結果が出る可能性が高い調査手法を依頼人の予算に応じて提案するものである。

依頼人の悩みにつけ込み高額な調査費用を前金で請求する探偵など論外と理解して頂ける事だろう。

探偵との御相談時にこのことだけ踏まえて面談すれば「目前に存在する探偵が経験豊富で調査力を有している人物であるか判断できる」と著者は考えている。

相談内容のポイントを理解しない「詳細をメモしない」や「依頼内容の要望と方向性が違う調査を提案」などの行為が少しでも感じ取れる探偵との契約は見送るべきである。

ここでの甘い判断が後々「高額費用に繋がり満足な結果が出ない」結末に直結しているのである。

ご相談者やご依頼人は極めて弱い立場で探偵を頼り依存する。

良心的な人物が探偵として活動しているならば「御依頼者の身の丈に合わない調査を勧める」行為は絶対に無いのである。

当然ながら調査後に依頼人とトラブルになることなど皆無と言って良いのである。

探偵のホームページを鵜呑みにした問い合わせや相談は考え物であり「相談者目線での対応が出来てこそプロの探偵」であると断言できるのである。

このページの先頭へ